先生

ケアと治療法

女性

人は年齢を重ねるごとに顔や首、手や腕に出来るしわが増えてきます。しわは、体内のコラーゲンなどの減少や、表情が変化する際、頻繁に肌に力が加わる事によって跡が残ってしまう状態のことです。
老化、紫外線、乾燥など様々な原因がありますが、女性ホルモンが関係しています。原因として挙がる女性ホルモンが減少していくと、肌再生の力が弱まります。女性ホルモンは20代後半になると減少スピードが上がってきます。なので、男性よりも女性の方がしわに悩む人が多くいます。実際、手の甲や首のしわを見ると年齢が分かってしまうといいます。いつまでも若々しくいたい、見られたいと望んでいる女性は多くいます。特に顔のしわは目尻・眉間・おでこ、笑った時に出るほうれい線、鼻の下の小じわなど様々な箇所に出来やすく、多くの女性がコンプレックスに感じてしまう、大きな部位です。

こうしたしわの原因を知り、予防・改善するためにも普段からのケアが必要になります。クリームを使ってリンパの流れを良くするマッサージをしたり、美容液などを使って乾燥を防ぐ事が大切です。また、深く出来てしまったしわは、美容クリニックなどで治療をして改善することが出来ます。その治療法も様々でレーザー治療や、肌に直接ヒアルロン酸を注射する方法、中には自分の脂肪を気になるしわの部分に注入するという方法まで幅広く存在しています。この様にしわを改善したり、しわによる悩みを軽減する方法は沢山あるので、諦めずに原因を探り、自分に合ったケアや治療を行うと良いでしょう。